天浜線について

乗車・車両のご案内

ワンマン列車のご乗車について

当社の列車はワンマン運転です。

 

整理券

乗るとき

お近くのドアよりお乗りのうえ、整理券をお取り下さい。

(進行方向前のドアは降りるお客様優先となっております。)

(切符・定期券をお持ちのお客様もお取りください。)

※整理券をお持ちでない場合は、始発駅からの運賃をお支払いいただく場合がございます。

 

 

降りるとき

切符・整理券・運賃を前の運賃箱にお入れのうえ、前のドアよりお降りください。

定期券のお客様は、乗務員に券面をはっきりとお見せください。

※掛川・新所原でお降りの際は、上記全て駅係員までお願いします。
遠州森、天竜二俣、金指、三ヶ日でお降りの際は、駅営業時間内は駅係員まで、時間外は乗務員までお願いします。

 

天浜線車両紹介

TH2100形

TH2100形式

TH2100形は、2001年(平成13年)にTH1形を置き換える目的で登場した。全長18.5mで座席はセミクロスシート。ドアチャイムが付いている。駆動機関は米国カミンズディーゼル社のN14-Rを1機搭載、変速機は変速1段・直結3段の日立ニコトランスミッション製TACN-33-1601を搭載している。低速域からの直結段投入とパワーオンシフトによる燃費と、加速力の向上が計られている。台車は2軸駆動で、一部の車両には急勾配区間の空転対策として砂まき装置が設置された。最高速度は85km/h。

 

形式 TH2100形式
重量 30.0t
全長 18,500mm
全高 4,083.5mm
定員 119名(着席定員52名)
両数 14両
その他 車イス対応車両

 

TH9200形式

TH9200形

構造はTH2100形とほぼ同じだが、団体列車運用を想定し、転換クロスシート、AV設備等を備えた特別車両。団体運用が無い時は、一般車両としても運行される。1両のみが製造された。車体の外装デザインは一般から公募されたもので、白ベースにブルー、オレンジ、グリーンが鮮やかに彩られたカラフルな車体デザインとなっている。宝くじの助成を受けて導入されたため、「宝くじ号」の表記が入っている。なお、この車両はTH2100形3次車に近い時期に製造されたため、ドアチャイムはTH2109までと同じである。なお、TH9200形の「92」は宝くじの「くじ」からとっている。

 

形式 TH9200形式
重量 30.7t
全長 4,070mm
全高 4,083.5mm
定員 103名(着席定員44名)
両数 1両
その他 イベント仕様
(液晶テレビ×2、DVD付きビデオ×1、カラオケ装置×1、ワイヤレスマイク×2、車イス対応車両

 

TH3000形

pho03

TH3000形は、1995年(平成7年)に輸送力増強用に増備された車両で、TH3501とTH3502の2両が投入された。TH3502は2008年2月より休車扱いとされていたが、2010年9月に廃車・解体された。JR東海に倣いカミンズ社製のエンジン (NTA855R1) を搭載。クリーム色にオレンジの濃淡のストライプという外装で、登場時は異彩を放った。残るTH3501は、2006年頃後述のトロッコ列車「そよかぜ」にあわせた塗色に変更された。併せて、トロッコ列車牽引のため砂まき装置が設置されている。天浜線の車両の中では唯一窓が開けられるタイプである。

 

形式 TH3000形
重量 30.2t
全長 18,500mm
全高 4,070mm
定員 115名(着席定員58人)
両数 1両
PAGE TOP